構図を考える <8>大画面プラスα(アルファ)

大画面プラスα(アルファ)
イメージワード:<おおらかな><豊かな>

空や水面などをめいっぱい大きく画面に配置する一方で、建物や地面などをぎりぎりまで小さく配置する。これによって、空や水面がより広く、大きく、そしておおらかなイメージを表現することができます。

夏休み、ふるさとに帰省したようなイメージで。


画面下に小さい面積で配置された部分がまるで窓枠の一部のようにも見えますね。

大画面プラスα(アルファ)構図は、窓枠構図にも共通するものだと思います。参考にしてみてください。

Comments are closed.