構図を考える <9>相似形(シンクロナイズド)

相似形(シンクロナイズド)
イメージワード: <リズム感> <コンビネーション> <デザイン感覚>

一方はザラザラとした手ざわりの岩肌、もう一方はしっとり湿り気のある山の斜面。
質感の対比。

手前の岩と背景の山の稜線の形がよく似ています。

すっきりと収まりのよい印象になりました。

<撮影ノート>
最初は、手前の岩のザラザラした質感が面白いと思って近づいたところ、この岩と背景の山の形がよく似た線を描いていることに気づいた。しっとりとした湿り気のある山の斜面との対比も意識して、それぞれの面積のバランスを考えつつカメラ位置を決めた。

運動会の大玉転がしに使う大玉。リズム感を意識して撮った。

 

ラベルの曲線と同じカーブを描くようにコルク栓を並べてみた。

 

関連記事

  1. 構図を考える <3>窓枠 もしくはトンネル

  2. 構図を考える <2>日の丸

  3. 光を意識する <2>光の質(柔らかい光と硬い光)

  4. 構図を考える <7>2分割と3分割

  5. 構図を考える <10>直線と曲線

  6. 光を意識する <1>光の向き