お遍路に出る理由 006. <アリの行列のはなし>

徳島県海陽町を歩いていた時のこと。

疲れて地面ばかり見て歩いていたからだろうか?アリの行列に気づいた。歩道と山側の斜面との間にコンクリートの細い側溝があり、金属製のふたを支える白いコンクリート枠(幅7cmぐらい)のところに、アリの行列ができていた。

– – → – – → – – → – – → – – → – – → – – → – – →

← – – ← – – ← – – ← – – ← – – ← – – ← – – ← – –

read more ≫ アリの行列のはなし はコメントを受け付けていません。
相似形(シンクロナイズド)
イメージワード: <リズム感> <コンビネーション> <デザイン感覚>

一方はザラザラとした手ざわりの岩肌、もう一方はしっとり湿り気のある山の斜面。質感の対比。

手前の岩と背景の山の稜線の形がよく似ています。

すっきりと収まりのよい印象になりました。

<撮影ノート> 最初は、手前の岩のザラザラした質感が面白いと思って近づいたところ、この岩と背景の山の形がよく似た線を描いていることに気づいた。しっとりとした湿り気のある山の斜面との対比も意識して、それぞれの面積のバランスを考えつつカメラ位置を決めた。

運動会の大玉転がしに使う大玉。リズム感を意識して撮った。

 

ラベルの曲線と同じカーブを描くようにコルク栓を並べてみた。

 

read more ≫ 構図を考える <9>相似形(シンクロナイズド) はコメントを受け付けていません。
シンメトリー(左右または上下対称)
イメージワード: <均整のとれた> <美しい>

左右または上下対称の美しさ。

バランスの整ったシンメトリーの構図は、安定感 → 安心感を感じさせるように思います。

太陽の塔

read more ≫ 構図を考える <4>シンメトリー はコメントを受け付けていません。
日の丸
イメージワード: <インパクトのある> <ユニークな> <カワイイ> <潔い> <シンプルな> <親近感> <ストレートな>

日の丸の旗のように、日の丸弁当のように、メインの被写体を画面中央に配置する構図です。

スクエア(正方形)フォーマットとの相性がいいように感じられるので、私は日の丸構図 x スクエアフォーマットの組み合わせで撮ることがよくあります。

可愛らしさやシンプルさが、より強調されると思います。

近未来的デザインは、半世紀前に考案されたものらしい。思い描いた近未来は、もうやってきたのか?それともこれからやってくるものなのか?

read more ≫ 構図を考える <2>日の丸 はコメントを受け付けていません。

構図を考える

構図を考えることは、いちばん「写真のフレームワーク」らしいフレームワークと言えます。 構図にとらわれ過ぎるあまりガチガチになってしまうのはよくありませんが、構図は写真の基本。基本をしっかり身につけておくことで、写真に説得力も出てくると思います。 自分だけの構図を見つける、もしくは構図という概念すら捨てて、いままでなかった表現を目指していきましょう。

三角形
イメージワード: <どっしりとした> <安定感> <遠近感>

画面に三角形を配置することで、どっしりとした安定感が得られます。

read more ≫ 構図を考える <1>三角形 はコメントを受け付けていません。

光を意識すること。

光の状態は静止することなく常に変化していきます。

例えば、通勤や通学などで毎日同じ時刻に同じ場所を歩いても、昨日「はっとした」光景に、今日もまた同じように出会えることは、全くないわけではないけれど、なかなかないと思います。

季節によって、天候によって、時刻によって、光は変化していきます。例えば、太陽の前をひとひらの雲が横切っただけで光線状態はダイナミックに変化します。それを利用することで、単なる晴れとか曇りといった単純な切り口とは異なる、微妙な変化をつけることもできるでしょう。

もしかすると、その時の気分や体調のコンディションによっても光の感じ方やとらえ方が変化するのかもしれないですね。

まずは、光はどちらの方向から被写体に当たっているのか?

「光の向き」という一番シンプルなアプローチから見ていきます。

サイド光

夜が明けた。爽やかな朝がやってきた。

樹齢数百年のケヤキの樹に、朝日が当たっているシーンです。

光は画面左の方向からとても低い角度で差し込んでいるため、樹の幹にまで光が届いています。木の幹だけでなく、枝葉の部分も立体的に表現できました。

立体感を表現するために、この光が必要でした。そうして立体感が出たために、存在感と神々しさが増しました。

read more ≫ 光を意識する <1>光の向き はコメントを受け付けていません。