写真は光と影

光がなければ写真は撮れません。

光が被写体に当たり、影をつくります。

左側から光が当たって、右側に影ができる。

そんな当たり前と思われることを、あらためてよく観察してみることで、すごい発見があるかもしれません。

左側から光が当たって、右側に影ができる。でもそれだけじゃないのです。

光を意識すること

光を意識することは写真を撮るための大切な基本です。

まずは光を意識することから始めてみてください。

普段から光を意識して観察することによって、「いい光」「美しい光」に出会うことができます。

例えば、通勤や通学時にいつも同じ時間、同じ場所を歩いているはずなのに「今日はなぜだかいつもと雰囲気が違う!」と感じたこと、ありませんか? そんな時、たいていそこには、「いい光」「美しい光」が存在しているものです。

また、逆に、昨日「はっとした」光景に今日もまた同じように出会えることは、全くないわけではないけれど、なかなかないことです。

光の状態は静止することなく常に変化していきます。季節によって、天候によって、時刻によって、変化していきます。

太陽の前をひとひらの雲が横切っただけで光線状態はダイナミックに変わります。そのタイミングを捉えることで、大きな変化や、微妙な変化をつけることもできるでしょう。

もしかすると、その時の気分や体調のコンディションによっても光の感じ方やとらえ方が変化するのかもしれないですね。

まずは、光はどちらの方向から被写体に当たっているのか?

光の向き」という一番シンプルなアプローチから見ていきます。


光の向き

  1. サイド光

樹齢数百年のケヤキの樹が、今昇ってきたばかりの朝日に照らされているシーンです。

光は画面左の方向からとても低い角度で入ってきているため、樹の幹にまで光が届いています。木の幹だけでなく、枝葉の部分も立体的になりました。

立体感を出すためには、この光が必要でした。巨木の存在感や、爽やかな空気感が表現できたのではないかと思います。

2.斜光

 

 

read more ≫ 光を意識する <1> 写真は光と影 はコメントを受け付けていません。

はやい、簡単、きれい。 そして面白い!

近頃、スマートフォンで写真を撮ることに夢中です。 そのわけは、素早く簡単にきれいな写真を撮ることができるから。

read more ≫ 写真のフレームワーク / Photo Framework はコメントを受け付けていません。